クリーニングをしないと起こりうる症状

長期間、クリーニングされていない布団からは、大腸菌をはじめ雑菌や、脂肪、尿素、たんぱく質などが多量に検出されています。
また、静電気によって引き寄せられた室内のホコリやアレルギー物質も。これらがダニやカビの発生や喘息の原因にもなるのです。

カビやダニの防止、毎日の健康維持に定期的な
布団のクリーニングをお勧めします。
汚れた布団は、床ずれ、アレルギーのもと。
さらに、布団の中の湿気やダニが、床ずれやアレルギー、カビの一因になります。

また、布団には大量のハウスダスト(ホコリ)があります。
布団などの寝具類には静電気により大量のハウスダストが吸い寄せられています。
それによる喘息の発症。
就寝時のアトピー性皮膚炎によるカユミ。
結露によるカビ。
花粉症、アレルギー性鼻炎の症状。
さまざまな症状が発生しうるのです。
実際の口コミによると、
こうした症状を治すために布団クリーニングを利用される方も少なくありません。

布団のカビは適当な温度と湿気、養分があれば、たやすく発生します。
布団はカビの繁殖に絶好の温床です。布団に付着した汗の塩分が湿気をよんでジメジメした状態を作り、脂肪や蛋白質の汚れがカビの養分となります。長期間、押入れに収納しておいた布団が独特の臭いを発散するのは、中わたに発生したカビによるものです。
丸洗いしていない布団には一枚につき約10万~3億匹のダニがいるといわれています。

ダニについて詳しくはこちらのページをご覧ください。
アレルギーとダニについて






<布団を洗わないと布団クリーニングのすすめ>





布団クリーニング 比較と口コミ

Home 布団クリーニングとは クリーニングをしないと起こりうる症状