布団を洗わないと

洗わずに使い続けた布団は汚いという当たり前の事実は、意外と知られていません。

布団の使用年数は、1年~5年が14.1%、6年~10年が37.5%、10年以上使用している人の割合も48.3%いるという結果が出ています。
日本人は、一度買った布団を長年にわたって使っています。下着や服は毎日交換して洗濯をしますが、布団を毎日交換する人はいないと思います。ずっと使っていると、汗や汚れがふとんの中わたまでしみこんで蓄積してしまいます。

布団の表面は側生地で覆われていますので、中わたがどんな状態かを確認する事はできませんが、毎日寝ている布団の中わたは、どんどん汚れがたまっていきます。
大人が一晩寝ると、平均して約200ccの汗をかくとされています。汗の成分や皮脂、フケアカなどはふとんの中で雑菌やカビの温床となります。
またフケやアカはダニの大好物。取り除かなければ、ダニはどんどん繁殖し、布団の中で増殖を続けていきます。

特に、布団を長期間収納するときは要注意です。中わたを清潔な状態にして保管をしないと、えさ=汚れを除去しない限りダニはどんどん増殖していきます。
布団の上にかけるシーツや枕カバーを洗うのは当たり前なのに、なぜ布団も同じように洗わないのでしょうか?

布団 クリーニングしないと?






<布団クリーニングとはクリーニングをしないと起こりうる症状>





布団クリーニング 比較と口コミ

Home 布団クリーニングとは 布団を洗わないと